プーアール茶.com

賀開村古茶樹の散茶2012年 その3.

賀開村古茶樹の散茶2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納孟海県孟混郷賀開村古茶樹
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
賀開のお茶は軽やかで明るい。
わかりやすく甘いし、わかりやすく苦いし、わかりやすく渋いし、わかりやすい美味しい。
これはありのままの賀開のお茶の個性だけれど、
このわかりやすさが、前回の話でいうところの「作意」というやつに感じられてしまう。
作意がないのに、作意があるように感じてしまう。
自然のままなのに、自然じゃないように感じてしまう。
このお茶をほんとうに自然な感じにしようとおもったら、味のあいまいなところが要るだろう。
飲む人が錯覚したり誤解したりする。
そんな飲む人の自然を想定したうえで作意のない味を求めると、やっぱり隠す技術が必要なのだ。

ひとりごと:
古都
この古都という酒の後味にある苦味。
地下水で淹れたお茶の後味にある苦味。
同じ水のもたらすものなのかな。

易武古樹青餅2010年 その6.

易武古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
コーヒー用のグラスポットでたっぷり。

お茶の感想:
お茶やお酒の上質を称えるときに、
「水のように・・・・・」という表現がある。
これは、
水のような口当たり、喉越し、という物理的な特徴もさることながら、
水のようにつくった人の作意がない。
という心理的なこともあるのではないかと思う。
ありのままの、飲む人にその評価を完全にゆだねる姿勢は、人が手を掛ける農作物ではあんがい難しい。
例えば、
「野生茶」みたいに一見ありのままの姿を装っていても、
どの地方のどの山のを選ぶのか?
どの季節のどのくらい成長した葉を摘むのか?
野生茶のどんな特徴を考慮して製茶するのか?
そして、
「野生茶」という言葉の響きは消費者にどんな印象を与えるのか?
その価格は買いやすいか?
そのあたりにつくり手の作意が見え隠れしてしまう。
つくり手がほんとうのありのままを求めようとすると、まずは自信を疑うところからはじまって、自身を作り上げた社会や環境や教育や時代や、もっと個人的な家庭環境にまで懐疑的な眼を向けることになる。
生産的な行為ではない。
そんなことを考える価値はないし暇もない。優秀な人ならそこに蓋をしてまっすぐ目標に向かってすすむだろう。今の消費者の社会や境や教育や時代にあわせて、ありのままを都合よく仕立て上げて、利益を得るだろう。
明代の頃(1368年 - 1644年)に、
易武山の茶葉があって「生茶」という製法のお茶が生まれた。
その過程で、ありのままを求めた人々のいろんな試みがあったのだろうと思う。
このお茶の味は、その結果だと思う。

ひとりごと:
おそらくよく考えられたうえで、ありのままのお酒。
喜久酔

易武古樹青餅2010年 その3.

易武古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
やっぱりこの地下水で淹れると苦い。
このお茶は、当店オリジナルの易武山のお茶の中ではいちばん緑茶に近いタイプ。
この味の濃いと感じるのは雑味が多いから。半発酵の烏龍茶に近づけるほど雑味は減るけれど、雑味がないともの足りない、つまり薄いと感じる人もあるだろう。

ひとりごと:
先付けの器は、小さな籠にホタルが入った絵つけ。
ホタルの器

賀開村古茶樹の散茶2012年 その2.

賀開村古茶樹の散茶2012年
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納孟海県孟混郷賀開村古茶樹
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
製茶のときの揉捻を軽く仕上げるのが最近の流行り。
二煎めにはもう茶葉がキレイに開く。
近年このあたりの茶葉で白茶をつくる試みがあるが、たしかに白茶のように揉捻をしないほうが清淡な風味を得やすい。耐泡(煎が続く)があるから良いということもなくなるだろう。
そうすると、圧延加工には揉捻と同じ効果があるから、散茶のままで売った方が個性は光ることになる。
この華やかなお茶の味は、ひとくちふたくちで十分で、一日ずーっと飲んでいたくなるものではないと思う。それに、何煎めかの出涸らしの味わいは、一煎め二煎めの華やかさとのギャップがありすぎるせいか、魅力が薄いように感じる。

ひとりごと:
夕暮れ時のふわっとした空気。
鴨川

賀開村古茶樹の散茶2012年 その1.

景邁山賀開古茶樹の散茶2012年
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納孟海県孟混郷賀開村古茶樹
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
賀開は布朗山の西の端。老班章の北。
やや白亳の多い品種。
(孟海の研究所の人が視察したときのサンプルを分けてもらったから本物と思う。)
ここの古茶樹のお茶も近年高騰した。
製茶技術が上がって発掘された清淡な風味と果実のような甘い香り。
一煎めを淡く淹れたら甘すぎ。
二煎めをちょっと濃いめにしたら軽快でよくなった。布朗山に近いが、布朗山のお茶ほど苦くない。
お酒に例えたら大吟醸みたいなものだろうか。
華やかすぎて毎日のお茶にはなりにくい気がする。
二日酔いの朝にフルーティーな香りは「うっ」とくる。

ひとりごと:
一軒目はよかった。
二軒目でやめといたらよかった。
金亀

南糯山夏の薫る散茶2012年 その3.

南糯山夏の薫る散茶2012年プーアル茶
製造 : 2012年5月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県南糯山生態茶
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
このお茶、軽くて良い。
完成度が高い。
「生態茶」と呼ぶのは茶畑の若い茶樹だけれど、
この農家の場合は古茶樹と同じ農地に茶畑があって、無農薬無肥料。
古茶樹との違いは背の高さを超えないように剪定されることだけれど、それよりも品種の違いが大きい。
南糯山の古茶樹は1000年以上も前から混生品種。
対する茶畑のお茶は苗を買ってきて育てるから、例えば「孟海○○号」とか、あるていど品種が選ばれている。
なので、自然のブレンドになる古茶樹のほうが複雑味がある。さらに樹齢が古くて根の深いことによる滋味が加わって、独特の風味となる。
しかし、いくら素材として良くても、お茶としての完成度が高いかどうかはまた別。
現場で試飲して選ぶときは、つい、味の優劣をつけがちになる。優劣は部分的なところの点数の集積になりがちで、全体の完成度を見落とす可能性がある。

ひとりごと:
あじさいは涼しい。
あじさい

南糯山夏の薫る散茶2012年 その2.

南糯山夏の薫る散茶2012年プーアル茶
製造 : 2012年5月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県南糯山生態茶
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
タイの水から日本の水に換えて、もういちど試す。
やっぱりなあ・・・。
那カのお茶と同じで、この地下水で淹れると苦味が立つ。
軽快な苦味で舌に重くない。
フルーティーな中国茶っぽい華やかさは消える。
日本の煎茶のようなしっとり感はないが、プーアール茶はやっぱり余韻。
後味に残る甘味・渋味・苦味が、ずーっと、まるで飴玉を舐めているみたいに残る。
茶気がじわじわ身体に浸み込んで、暑い日はしゃきっとする。

ひとりごと:
茶盤
受け皿の部分が陶器でできたこの茶盤。(アウトレットで出品中)
はじめはちょっと重いと思ったが、
机の上でまちがって手が当たってもカンタンにはひっくりかえらないし、
安定感があって運ぶときもフラフラしない。
重さは道具の質感の大事なところ。

丁家老寨青餅2012年 その1.

丁家老寨青餅2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : タイ北部の町 紙箱密封
茶水 : メコン川の水道水を浄水器に通して甕に溜めたもの 
コーヒー用のグラスポットでたっぷり。
沸きたての熱湯で淹れると香りがよい。

お茶の感想:
この数日滞在したタイの北部で飲んだお茶ではこれがいちばん。
飽きない。毎日でもよい。
この飽きない良さは、味がわかりやすいのはダメだという気がしてきた。
そう考えると、今年2013年の『漫撒古樹青餅2013年』は「黄印」・「青印」・「緑印」とあるなかで、この『丁家老寨青餅2012年』に近い「黄印」のつくり方が丁家老寨の茶葉には合っているのかもしれない。風味を引き出すのではなく、逆に隠す技術。技術なのかそれとも素質なのかは微妙だが、とにかく易武山のお茶の印象は空白に宿る。
殺青(鉄鍋炒り)でしっかり火を入れつつ火の味がしない。今年の秋からこの技術を追求してみようと思う。

ひとりごと:
豊饒のメコン川水系。
メコン川水系の小魚

南糯山夏の薫る散茶2012年 その1.

南糯山夏の薫る散茶2012年
製造 : 2012年5月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県南糯山生態茶
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : メコン川の水道水を浄水器に通して甕に溜めたもの 
コーヒー用のグラスポットでたっぷり。
タイの北部は4月から5月がいちばん暑いときで、じっとしていても汗をかく。
水分とミネラルの補給にあっさり淹れて一日じゅう飲む。汗をかいたら茶酔いは少ないので生茶もたくさん飲める。

お茶の感想:
「夏の薫る散茶」と名付けたように暑い日に飲みたいお茶。
半発酵で桃のような甘い香りが暑苦しくないのは、渋味・苦味で清涼感を保っているからだろう。南糯山の渋味・苦味は舌にしばらく残るが、嫌な感じはしない。
半発酵度で渋味はより強くなっているが、他の風味とのバランスでかえって目立たない。
春の2番摘みの割に密度の濃い味。2012年は雨が少なかったせいか5月の2番摘みもよかったが、もしかしたら半発酵は2番摘みくらいのヌケた風味のほうが飲みやすいのかもしれない。

ひとりごと:
マンゴーは飽きるがマンゴスチンは飽きない。
同じことをしながらもサザエさんみたいな飽きないブログにしたい。
お茶も飽きないのがよい。
マンゴスチン


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM