プーアール茶.com

越境野生青餅2010年 その3.

製造 : 2010年4月
茶葉 : ミャンマーJing dong 野生古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納紙包み+竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 大きめの蓋碗
越境野生青餅2010年プーアル茶

お茶の感想:
「このお茶、紅茶に似ていませんか?」
+【越境野生青餅2010年プーアル茶】
と、お客様から感想を頂いたが、そんな印象はなかったので、なにかの間違いじゃないか?と疑って、今日飲んでみた。
そうだ。アッサム紅茶の味なのだ。
なぜならこのお茶はミャンマーの古茶樹。中国西双版納から西へ、インドのアッサムにより近い。だから品種もそちら側により近いのかもしれない。
煙い。苦い。
そして漢方薬に通じるどことなく爽やかな薬味がある。
個人的にはどちらかというと苦手な味。
大きめの厚手の蓋碗をしっかり温めて、グッと熱を通してみた。じわっと抽出したほうが甘味が出て、苦味とのバランスがとれる。
しかし、茶葉が多すぎて、ちょっと濃すぎた。
越境野生青餅2010年プーアル茶
越境野生青餅2010年プーアル茶
越境野生青餅2010年プーアル茶
越境野生青餅2010年プーアル茶
越境野生青餅2010年プーアル茶
茶菓子がないから、お香を焚く。
煙たく苦いお茶と、お香は絶妙の組み合わせ。
喫煙はしないが、おそらくタバコや葉巻の嗜好にもピッタリだろう。
越境野生青餅2010年とチベットのお香
越境野生青餅2010年プーアル茶とお香
お香の香りを嗅ぐと、なぜか苦いお茶がほんのり甘くなる。
ウィスキーのチェイサーのかわりにしたら、お互いの甘さが引き立つ。最近ウィスキーを飲まないけれど、前はよくやっていた。
秋の味覚が恋しい。
越境野生青餅2010年プーアル茶の葉底
越境野生青餅2010年プーアル茶の葉底
葉底の茶葉の形は早春の特徴があるのに、分厚くゴワゴワした質感。5煎めくらいでやっと開いた。やはりこのお茶は、人と茶が出会って品種が進化してゆく過程をほとんど経験していない原生種なのかもしれない。たまたま野生状態にあるという近代品種のお茶ではなくて、元祖野生のお茶ということになる。

ひとりごと:
誰にでも美味しいわけではないけれど、嗜好のピタッり合う人には深く愛される。
こういうのを大事にしたい。
インターネットの販売では多数決の美味しさが有利。
しかし、例えば日本で美味しいレストランを見つけるのに、自分はもう情報サイトなど一切見なくて、舌の信用できる知人の口コミか、あとは自分の勘だけを頼るようになっている。自分にとっての美味しい情報は、そこには無いと感覚的に知っているのだ。
プーアール茶ドットコムにはまだ知られざる味わいのお茶があると、感覚的に知られるようになろう。

易武古樹青餅2010年 その30.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納紙包+竹皮筒+陶器の壺
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶

お茶の感想:
毎日のお茶を飲んでいても、
今日のこの時間、天気、体調、茶器、そして手元の茶葉のコンディションを見てほしい。
中国茶の作法を習っていたとしても、プーアール茶の生茶ならこういう淹れ方と決まった型の通りにすることを疑ってほしい。
昨日と今日が同じ茶葉でも、今日のこの天気なら違う淹れ方があるかもしれないと、湯の温度や注ぎ方を調整してほしい。
一枚の餅茶にも、崩す位置によってコンディションは違う。円盤の端・中心付近・表面・内面、それぞれに圧延の力や、乾燥時の水分の蒸発、そして長期熟成の変化の違いがある。
一日一日の茶葉の成長が違ったり、品種による発芽時期が違ったり、午前・午後の水分や成分が違ったり、山の斜面の方角が違ったりで、素材となる茶葉にもムラがある。
今日崩すこのひとかけらが、昨日崩したひとかけらとは微妙に違うことに気付いてほしい。新芽・若葉が多かったり、大葉が多かったり、茎が多かったり、屑や粉が多かったり。同じ重量を分けても形状に物理的な違いのあることに気付いて欲しい。
このお茶の昨日と今日。
+『易武古樹青餅2010年』
それぞれ別の一枚。
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
製茶の現場でも一回一回に異なる試みをしている。
茶葉の形や大きさや質感、そして水分量によって微妙に殺青(鉄鍋炒り)を火加減したり、茶葉の繊維の弾力を見て揉捻を手加減をしたり、太陽と雲を見て晒干(天日干し)の角度や時間を加減したり。頭ではよくわかっていなくても、手が動いて体が動いて、理想に近づけようとする。
中国茶を製茶で分類したら、生茶は「天日干しの緑茶」というひとつのカテゴリーになるのかもしれないけれど、そのひとつの中に何万通り、いや、無数の異なるお茶が生まれている。
一煎一煎。毎日との一期一会なのだ。

ひとりごと:
広東の茶飲み友達が易武山のお茶に凝りだして、いろいろ持ってくる。
飲み比べて、それぞれの特徴について語り合う。
どちらが良いか悪いかという見方をしていた彼らも、今は冷静にそれぞれの特徴に注目できる。茶葉の素質・製茶・保存熟成。お茶に現れている特徴から推理してゆく。
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
鴻慶號易武喬木古樹餅2005年
『鴻慶號易武喬木古樹餅2005年』。
1998年だと店の人は言ったそうだが、ありえない。2005年くらいだろうと推測した。
易武山の古樹だと思うが、麻黒や落水洞の香気はない。
漫撒山の原生品種の特徴はなく、清代からの中葉種(雲南大葉種の中の中葉種)の特徴があるので、樹齢200年前後の古茶樹で、台刈りされたものだろう。餅面の茶葉の立体感や太い茎から見て、茶畑の若い茶樹ではない。
細く尖って短い新芽や、小さく短く丸い若葉は、早春の特徴。
製茶の殺青や揉捻がやや粗いので、茶湯が少し濁った感じになるが、口の中のキレや喉越しの清らかさに問題はない。茶気は強く滋味深く、耐泡(煎が続く)もある。
西双版納ではなく昆明で保存されていたらしく、比較的乾燥したところにあったせいか、香りに蜜の甘味は少ない。湯の色を見ても熟成による赤味は少ない。
さて、この1枚の現地価格はいくらでしょうか?
あんがい適正な価格で買っていると思ったが、そうすると当店のオリジナルが安すぎる。そろそろ値上げする。

版納古樹熟餅2010年 その23.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶を崩したもの
保存 : クラフト紙封筒
茶水 : タイ・チェンコーンの浄水器+大瓶
茶器 : サーモス真空断熱マグ350cc
夕日

お茶の感想:
+『版納古樹熟餅2010年』
このお茶は、摘んで、萎らせて、炒って、揉んで、天日干しする工程をすべて手作業で行った異色の作で、こんな晒青毛茶(原料の茶葉)を使った熟茶のプーアール茶は他にない。(自分の知る範囲では。)
それがお茶の味に現れている。
この手づくりの味の分かる人はたぶんいないと思う。自分だって後になって、仕上がってから一年ほどして分かってきたのだから。舌に鼻に経験ができた今だから違いが分かる。
いろいろ飲んだり、何度も飲んだりして味の経験を積むのがお茶を知る道。
熟茶のプーアル茶
でも今は違う。情報と情報の信憑性でお茶を見るようになってからは、信頼のおけるように見せるメーカーや店、有名人の紹介、オーガニックの認証、原産地のイメージ、成分分析による○○○の含有量、人の良さそうな生産者の顔写真、ネットでの他人の評価。そういうことがお茶を知る道になる。
ストーリーをつくる巧妙な手もある。例えば、「あの産地は有名だけれど悪いことをしていて、この産地は正直だけれど無名だから安くて質が良い」みたいな対立をつくって他人の関心を寄せる。
しかし、実はどれもお茶の質そのものを表してはいない。
それどころか、ちょっと人を甘く見ている。
東洋の古い都市の昔の商人の道徳では、甘く見るほうにも見られるほうにもならないようにと教えていた。こなれた人間関係をつくる長年の知恵と美徳があったのだ。しかし、それは人々が自分で舌に鼻に経験を積んでこそ有効に働く。
お茶だけではない。
毎日食べるもの。毎日飲むもの。
直に見ること。自分の体で確かめること。

ひとりごと:
同じことを何度も書いているけれど、大事だから何度でも書く。ブログという仕組みは過去の記事がどんどん忘れ去られて、どんどん新しい記事で同じことが言える。
月光
月光
今日も一日ありがとうございました。

版納古樹熟餅2010年 その22.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶を崩したもの
保存 : クラフト紙封筒
茶水 : タイ・チェンコーンの浄水器+大瓶
茶器 : サーモス真空断熱マグ350cc

お茶の感想:
太陽礼拝。
太陽礼拝
太陽礼拝
太陽礼拝
メコン川の空
軍鶏
メコン川の宿
太陽礼拝
メコン川
東屋でビール
東屋でビール
チェンコーンの空
パイナップルシェイク
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
今日はこのお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
青空と三日月
青空と三日月
青空と三日月
空が広くて、頭は空っぽ。

ひとりごと:
チェンコーンの雨
チェンコーンの雨
メコン川夕日
今日も一日ありがとうございました。

版納古樹熟餅2010年 その21.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶を崩したもの
保存 : クラフト紙封筒+アルミ蒸着フィルム
茶水 : タイ・チェンコーンの浄水器+大瓶
茶器 : 小さめの蓋碗

お茶の感想:
陰影礼賛。
椰子と雨
椰子と雨
葉と雨
お寺
東屋
カヌー
船着場の荷物
船着場
メコン川の宿
柳宗悦の本
雨の日は読書と熟茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
腹の底から温まり、手足の指先に巡ってゆく。

ひとりごと:
塩漬け蟹入り唐辛子なしのソムタムを食べて、お茶を飲んだ。
ソムタム
ソムタム
このお茶。
+【倚邦古樹青餅2014年】
雨の日は雨が薫る。
自分の中に起こってることを観察しましょう。
倚邦古樹青餅2014年プーアル茶
倚邦古樹青餅2014年プーアル茶
倚邦古樹青餅2014年プーアル茶
メコン川
メコン川の雨
今日も一日ありがとうございました。

版納古樹熟餅2010年 その20.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶を崩したもの
保存 : クラフト紙封筒+アルミ蒸着フィルム
茶水 : タイ・チェンコーンの浄水器+大瓶
茶器 : サーモス真空断熱マグ350cc

お茶の感想:
太陽礼拝。
トンボ
トンボ
トンボ
赤い花
チェンコーンの空
チェンコーンの空
チェンコーンの空
チェンコーンの空
チェンコーンの空
メコン川
川沿いの寺
菩提樹
菩提樹
菩提樹
市場
果物
朝ごはん
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
今日はこのお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
風に秋が薫ると熟茶の味がのってくる。

ひとりごと:
好きなものたち。
ラオスの竹編みの入れ物
ラオスの竹編みの入れ物
ラオスの竹編みの入れ物
ラオスの竹編みの入れ物
ラオス竹編みの入れ物
ミャンマーの籐編みの入れ物
パイナップルシェイク
豚の血の料理
チェンコーンのバス
今日も一日ありがとうございました。

版納古樹熟餅2010年 その19.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶を崩したもの
保存 : クラフト紙封筒+アルミ蒸着フィルム
茶水 : タイのミネラルウォーター 
茶器 : サーモス真空断熱マグ350cc
チェンマイ

お茶の感想:
タイ・チェンマイで一休み。
旅のお茶はこれ。
+【版納古樹熟餅2010年】
携帯マグに10円玉くらいの欠片を入れて、宿にお湯をもらう。
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
疲れた身体を内側から癒してくれる。傾きかけたバランスを整えてくれる。
遊牧民はやっぱり黒茶。
このお茶なしでは旅に出るのが心細いから、自分はずいぶん遊牧民度が高くなっていると思う。
おやつは市場で売っている小さいトウモロコシの蒸したやつ。4つで10バーツ。
チェンマイ
チェンマイ
自然栽培で混生品種のせいか、ひとつひとつ色が違う、大きさが違う、味も歯ごたえも違う。だから飽きない。味は、はじめはあっさりしているように感じるが、噛むほどに滲み出てくる。ゆっくり食べるほど美味しい。
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
美味しいだけでなく食後感も気持ち良い。身体にすっと入ってじわじわ効いてくる。お腹が喜んでいる。
トウモロコシの他に、サツマイモ、ピーナッツ、枝豆など、大きさや形のそろわない地産地消の蒸しただけのおやつが市場の隅のあたりに売られている。
旅に出て3日目くらい、つまりグルメ情報を探ってレストランで欲望に任せて食べて疲れた内蔵には、これらのおやつが沁みる。
そこに薬効あらたかな熟茶を飲めば完璧。
上等な食べものや飲みものは、身体に入ってからしばらくしてやっとその価値がわかる。急いで舌先を満足させようとするコマーシャルフード(商業的食べもの)とは格が違うのだ。
椰子汁
椰子水
椰子汁。ヤシジュース。
これもおすすめ。35バーツ。
熟れ具合によるが、内側の白いところをスプーンでこそげ取るとテロテロの果実が食べられる。ただ、あまり柔らかく熟れたのはジュースが不味くなる。
椰子は「涼」の食べものなので、暑いときには欠かせない。

ひとりごと:
旅の茶器の入れ物を探し中。
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
版納古樹熟餅2010年プーアル茶
竹皮編みの入れ物
竹皮編みのはよいが、ひとつひとつ大きさが違うから商品にしにくい。
とりあえず、自分用のを見つけて半年ほど使ってみる。

巴達古樹青餅2010年 その23.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 日本紙包み+プラスチップバッグ密封
茶水 : 京都御所周辺の地下水
茶器 : 小さめの蓋碗
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶

お茶の感想:
今日もおなじく、
朝起きてお茶を淹れる。
湯を沸かして、
茶器を整えて、
茶葉を選んで、
適量を分けて、
茶器に移して、
洗茶して温めて、
一煎め。
湯を注いでほどよく抽出して、
茶杯にうつす。
身体の中心線へ杯を引き寄せて一杯め。
香りを聞いて、
口から喉へ食道へお腹の底へ。
余韻と、
吐く息と吸う息に香気を感じて、
血の巡りを意識する。
二煎め。
・・・・
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
巴達
今日のお茶は、
+『巴達古樹青餅2010年』
熟成4年目。
清淡なところを失わず、夏の口に涼しいお茶。
透明感が増して、より繊細な風味が味わえる。
ちょっとぬるめの湯80〜90度で淹れるのがコツ。
早春特有の辛味をおさえて、すっと消える甘味と、じわじわ消える苦味が出せたら上等。

ひとりごと:
卸売部にぼちぼち出品。
白牡丹生態茶2014年
白牡丹生態茶2014年
寿眉老茶2003年
寿眉老茶2003年
那カ古樹月光白2014年と那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹月光白2014年
白磁つや消し茶海
白磁つや消し茶海

易武古樹青餅2010年 その29.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納―上海 紙包み+紙の封筒
茶水 : 下鴨神社の地下水
茶器 : 小さめの蓋碗
品種改良の世界史

お茶の感想:
世界の多くのお茶どころは、
中国から種や苗を移植するところから始まった。
広く分布するまでには、移植のそのまた移植というパターンもある。
もとはひとつかふたつの茶の品種を改良して種類を増やしたケースがほとんどなので、血統のバラエティーは意外と少ない。台湾・インド・スリランカ・アフリカ・日本など、生産量は多くてもつくられるお茶の種類は限られている。
中国大陸の中国茶の種類がバラエティーに富むのは、在来種の血統に多様性があり、おのおのの地域で大切にされてきたからだという見方がある。
歴史的に初期のお茶づくりにおいては、品種が製茶方法を選ぶ。
製茶方法が品種を選ぶのではないのだ。
品種の個性を光らせるために製茶技術が開発されて、お茶は製品として成熟してゆく。
図書館で見つけた本『品種改良の世界史・作物編』を読みながらそんなことを考えた。
そしていまいちど当店のお茶づくりを振り返ってみる。
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
このお茶『易武古樹青餅2010年』は、一枚一枚の風味がやや異なる。
その理由がだんだんはっきりしてきた。
易武山は歴史の古い茶山で、品種のバラエティーに富む。
実生(茶樹から種が落ちて育つ)なので、母樹とはちょっと違った性格の茶樹が育ち、世代交代するうちに差が開く。その上、易武山には高級茶づくりの歴史があり、300年以上も前に外地から持ち込まれた品種、つまり血統の違う品種も混生している。
参考ページ
+【易武山 品種のオアシス】
茶摘みは3月1日から4月10日まで40日間かけた。「春の旬」と言えるシーズンのはじめから終わりまでギリギリいっぱいが40日くらい。
新芽の出る時期が品種によって異なる。例えば「早生」・「中生」・「晩生」と3つに分けたとしたら、3つの味のお茶ができることになる。
悪いことではないが、お客様は混乱するかもしれない。同じ春に同じ製法で同じ人がつくった同じ名前のお茶なのに、味はちょっとずつ違う・・・。
よく混ぜて平均化させてから圧餅(圧延加工)する手はある。
しかし、混ぜるときに茶葉が崩れやすく、屑になるのを増やしたくないので、古茶樹のお茶ではあまり厳密に混ぜない。つくった順番に袋詰めしてゆき、その袋を開けた順番に圧餅してゆく。
このつくり方において茶樹の個性を際立たせるためには、茶摘み期間を限定するか、さらに的を絞って1本か2本の茶樹を選ぶことになる。
今年試みた「単樹」のお茶づくりは、より濃い血を求めた究極の製法と言えるだろう。
参考ページ
+【弯弓古樹青餅2014年】
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武山はこの葉脈の中央脈がオレンジ色で、ちょっと藍色や紫色がかった茶葉は早生の品種。香りがとくに甘い。
西双版納は茶の原生地でもあり、お茶どころとしても古いゆえに、品種のバラエティーがある。
血統で言うと、メコン川を境にして東西に性質の大きく異るのがある。特定の地域で在来種と外来種がある。
しかし、プーアール茶の製法はどこの山でも同じ。
本来は東西で異なるお茶がつくられていたはずだが、市場の需要に合わせて製法が均質化されてきた。
山ごとの品種の個性に合わせて、製茶技術が個別に発展してもよいのに、そうはならない。
それでもお茶の味は山ごとに個性がある。
こっちの山から言わせたら、あっちの山のはプーアール茶にあらず。というくらいに多様性がある。
この面白さをもっと楽しめるよう、均質化とは逆の流れでお茶づくりを考えてゆきたいと思う。

ひとりごと:
神社の裏の小さな山の上の喫茶。
吉田神社
吉田神社
吉田神社
吉田神社の喫茶
吉田神社の喫茶

易武古樹青餅2010年 その28.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納―上海 紙包み+紙の封筒
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
茶器 : ガラスの茶壺
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶

お茶の感想:
熟成4年めのこのお茶。
【易武古樹青餅2010年】
試作品に1キロサイズの大きな餅茶をつくていた。
赤黒く変色し、表面に光沢が見られる。
「常温の焦げ」(メイラード反応)の良い状態。
保存方法は簡単で、紙包みのまま食品用のプラスチックバックに入れて密封し、押入れに仕舞っていた。
餅茶の標準サイズは357gだから、1キロは茶葉が多い。このことが熟成に有効であると推測している。茶葉が相互に助けあって、より安定した状態を保つ。
近年は古茶樹の価格が高騰したので100gのミニサイズの餅茶が増えつつあるが、それなら数枚をまとめて保存するのが良いかもしれない。
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
易武古樹青餅2010年プーアル茶
湯の蒸気とともにフワッと立ち上がる甘い香り。
易武山の甘いお茶。
口あたりまろやかで、喉に落ちる水滴はツヤツヤ。
後口にスースーとメントールの爽やかな風。
いつの時代に長期熟成がはじまったのか?
昔の人がこのことにどうやって気付いたのか?
そのあたりがはっきりしないけれど、熟成は味のまろやかさだけでなく、身体へのまろやかさを求めているに違いない。
生茶の辛味は身体にも刺激が強い。
プーアール茶は毎日のお茶。それなのになぜ、辛味が残りやすい火入れの浅い製茶方法に落ち着いたのか?なぜ辛味の多い早春の茶葉を尊ぶのか?なぜ10年も20年も辛味の落ち着くのを待つのか?
この矛盾の背後にはおそらく薬効の存在がある。
時間を掛けることでしか解決できないなにかがあるのだ。
お茶が毎日のクスリであった時代の知恵が、現代的には理解できないからといって利用しないのはもったいない。
易武古樹青餅2010年プーアル茶
最初の一煎めの湯を90度くらい。
(洗茶はしていない)
ポットの湯を再沸騰させないで、冷めてゆくのを足しては飲んで、足しては飲んで、4煎めくらいには51度まで下がっていたが、これでよいのだ。
はじめの一煎めでしっかり熱がっ通っているから、継ぎ足す湯の温度が低くても十分な味わいが出る。
熱い湯を足し続けると茶葉が煮えて味が濁る。

ひとりごと:
詩仙堂。
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
詩仙堂
庭の白砂がさりげなく宇宙。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM